トレチノインでピーリング効果を得る際の注意点

 素肌が綺麗な女性に憧れる人は多いです。
現代人は多忙でストレスを抱えやすいとも言えます。
大人になってからニキビが出来る人は、ホルモンバランスが乱れています。
古い角質が溜まると、ニキビやシミなどの肌トラブルに悩まされます。
このような症状を治そうと誰もが努力しています。
化粧品を使うことも大事ですが、出来てしまったシミや毛穴の開きはなかなか改善出来ません。
アメリカでよく使用されているトレチノインで治すことをお勧めします。
ビタミンAの100倍の効果があると言われているトレチノインは使用していると、肌の生まれ変わりの時間を早めてくれます。
トレチノインを塗ると、3日後に皮向けが起こります。
これは正常な反応で、皮向けした後の肌は艶々としています。
少しずつ皮向けすることが正常なので、無理に指で剥がそうとしないようにしましょう。
自分で皮を剥がしてしまうと、傷跡が出来てしまうかもしれません。
皮が出てきても、自然と剥がれることを待ちましょう。
早く綺麗になれたくて、大量に塗りこむ人がいますが、適度な量にしておかないと大変なことになります。
トレチノインは濃度の高いものを塗りすぎると、肌に痛みがあったり赤みが消えなくなります。
必ず医師に聞きながら適度な量を塗ることにしましょう。
初めて使用する場合には、濃度の低いものから使うことが大事です。
肌に合うものかわからないので、濃度が低いものから始めていくことをお勧めします。
自分の肌に合い、肌が綺麗になると感じたら使い続けましょう。
トレチノインを使用している時には、自宅にいても日焼け止めクリームを塗った方が良いです。
赤みが色素沈着してしまう可能性がありますので、紫外線には十分に気を付けましょう。