トレチノイン配合薬の濃度の違いと使い方

 鏡を見た時にシミがあったら、悲しい気持ちになります。
赤ちゃんの時の肌を維持したいと誰もが思うものですが、肌細胞は老化していきます。
25歳はお肌の曲がり角とも言われ、シミやニキビ跡などの悩みを抱える人が多いです。
化粧品を使ってお肌の潤いを保つことは出来ます。
しかし、出来てしまったシミやニキビ跡はなかなか消えないものです。
肌の奥の真皮細胞に栄養が届かなければ、お肌は生まれ変わりません。
アメリカでは、シミやニキビ治療としてトレチノインを使用する人が多いです。
日本でも通販でトレチノインを購入することが出来ます。
濃度の違いがあるので、始めて購入する人は困るかもしれません。
トレチノインを使う時にはまずは濃度の低いものから始めましょう。
0.025パーセントのものなら、くすみや薄いシミに効果的です。
初めは濃度の低いものから肌を慣らしていき、効果がもっと欲しい時には濃度を高めていきましょう。
美肌効果が高いですが、一時的に皮向けや肌の赤みが出る薬です。
濃度が高いと肌にすぐに反応が出るので、心配な人は病院へ行きましょう。
個人的に通販で購入することはいつでも出来ますが、まずは病院で処方してもらうことをお勧めします。
医師の判断を聞きながら使用した方が安全とも言える薬です。
一時的に皮向けなどが起きますが、トレチノインの反応としては正常となります。
肌のターンオーバーを早めて、新しい皮膚を再生することが目的です。
表皮に残る古い角質が溜まると、色々な肌トラブルが起きやすくなります。
ニキビ跡やシミなどは化粧品では改善することが出来ないので、トレチノインがお勧めです。
使用中は紫外線の影響を受けやすいので、必ず日焼け止めを塗り肌を守りましょう。