栄養素とパックでシミ予防、できたシミにトレチノイン

シミ予防はスキンケアとインナーケアが基本です。
化粧水に乳液、クリームといった毎日行うスキンケアの他に、1週間に1回程度パックによるスペシャルケアを実践する事で、より美肌へ近づけるでしょう。

シミ予防の為にパックでスキンケアをするという場合、美白成分を多く含む商品を選ぶ事をお勧めします。
美白成分としてお勧めなのが、アルブチンやコウジ酸、エラグ酸などです。
また、最近はカモミールから抽出された成分も、美白効果が高いとして人気になっています。
この他に肌の新陳代謝をアップさせる、炭酸パックもシミ予防に有効です。

インナーケアではビタミンEやビタミンCといった、抗酸化作用に優れた栄養素を積極的に補いましょう。
ビタミンE・ビタミンCといった栄養素は、シミを作る原因となる活性酸素を除去する効果があります。
これら栄養素の他にプラセンタも、肌のターンオーバーを整える作用がある事から、シミ予防にお勧めです。

ただ、これらのケアを行っていても、シミができてしまうケースは、ゼロではありません。
もし、シミができてしまったら、トレチノイン外用薬で治療しましょう。

トレチノイン外用薬はビタミンA誘導体の1種である、トレチノインという成分が含まれています。
この成分は肌のターンオーバーを促進させ、新しい肌細胞をどんどん作りだす点が特徴です。
肌の下から新しい肌細胞が作られると、その上にある古い肌細胞は表皮へと押し上げられ、最終的には古い角質として剥がれ落ちます。
シミは肌細胞にメラニン色素が沈着して起こるので、ターンオーバーを促し排出を高める事によって改善が可能なのです。
トレチノイン外用薬で治療すれば、メラニン色素が沈着した肌細胞が剥がれ落ちやすくなる為、美白効果を実感できるでしょう。