皮膚科へ通わずトレチノイン配合薬を買う方法

皮膚科ではシミや小じわの治療として、トレチノイン外用薬を処方しています。
トレチノインはビタミンA誘導体の1つで、浸透力に優れており、肌のターンオーバーを促進させる作用を持っている成分です。
肌細胞がどんどん新しく作られるようになる為、シミの要因となるメラニン色素を含んだ肌細胞を、スムーズに垢として排出してくれます。
また、コラーゲンの生成量がアップするので、小じわの改善にも有効です。
外用薬を気になる部分に塗るだけの治療という事もあり、初めて美容医療を受けるという方も、気負いなく治療に挑戦できるでしょう。

ただ、仕事などで忙しく皮膚科を受診する時間が、なかなか取れないという方も少なくありません。
このような時は、インターネット通販で購入する方法も1つの手です。

「医薬品は医師の処方箋が無いと買えないのでは?」と、不安に思う方もいるでしょう。
確かに日本国内で医薬品を購入する場合、医師の処方箋が必要です。
では、なぜインターネット通販で医薬品である、トレチノインを購入できるのかというと、日本では無く海外で購入するからです。

医薬品を購入できるインターネットサイトでは、海外から代理購入という形で医薬品を輸入しています。
代理購入した医薬品を私達の手元に届けてくれるのです。
このような形で購入するのであれば、日本国内にいても医師の処方箋無しで医薬品を手に入れられます。

しかし、インターネット通販は顔が見えない分、悪質な業者も存在しているようです。
偽物を送りつける業者もあるので、インターネット通販を利用する際は、信用できる業者を選びましょう。
正規品を取り扱っているか、また実際に購入した方の口コミなども、業者を選ぶ際のポイントとなります。

トレチノイン配合薬の濃度の違いと使い方

 鏡を見た時にシミがあったら、悲しい気持ちになります。
赤ちゃんの時の肌を維持したいと誰もが思うものですが、肌細胞は老化していきます。
25歳はお肌の曲がり角とも言われ、シミやニキビ跡などの悩みを抱える人が多いです。
化粧品を使ってお肌の潤いを保つことは出来ます。
しかし、出来てしまったシミやニキビ跡はなかなか消えないものです。
肌の奥の真皮細胞に栄養が届かなければ、お肌は生まれ変わりません。
アメリカでは、シミやニキビ治療としてトレチノインを使用する人が多いです。
日本でも通販でトレチノインを購入することが出来ます。
濃度の違いがあるので、始めて購入する人は困るかもしれません。
トレチノインを使う時にはまずは濃度の低いものから始めましょう。
0.025パーセントのものなら、くすみや薄いシミに効果的です。
初めは濃度の低いものから肌を慣らしていき、効果がもっと欲しい時には濃度を高めていきましょう。
美肌効果が高いですが、一時的に皮向けや肌の赤みが出る薬です。
濃度が高いと肌にすぐに反応が出るので、心配な人は病院へ行きましょう。
個人的に通販で購入することはいつでも出来ますが、まずは病院で処方してもらうことをお勧めします。
医師の判断を聞きながら使用した方が安全とも言える薬です。
一時的に皮向けなどが起きますが、トレチノインの反応としては正常となります。
肌のターンオーバーを早めて、新しい皮膚を再生することが目的です。
表皮に残る古い角質が溜まると、色々な肌トラブルが起きやすくなります。
ニキビ跡やシミなどは化粧品では改善することが出来ないので、トレチノインがお勧めです。
使用中は紫外線の影響を受けやすいので、必ず日焼け止めを塗り肌を守りましょう。