トレチノインで治療中は光対策が大切

美白化粧品でケアしても、なかなか消えないシミがあるという方も、多いのではないでしょうか?
シミは肌細胞にメラニン色素が沈着して起こります。
美白化粧品の場合、メラニン色素の生成を抑制する作用はありますが、1度肌に沈着してしまったメラニン色素を薄くする効果はありません。
肌は表皮から何層にも様々な層が、折り重なっています。
美白化粧品をはじめとする化粧品は、角質層にまでしか有効成分を届ける事ができません。

角質層より下の肌細胞にメラニン色素が沈着している場合、美白化粧品では太刀打ちできないのです。
できてしまったシミは、医療の力を借りる事によって改善できます。
色々なシミ治療の方法がありますが、手軽で始めやすいのがトレチノインによる治療法です。

トレチノインは外用薬となっており、シミが気になる部分に外用薬を毎日、塗るだけの治療法となっています。
この成分は浸透力に優れており、肌の1番奥にある基底層にも作用します。
肌の新陳代謝を活発にし、新しい肌細胞をどんどん作るのがトレチノインの特徴です。

新しい肌細胞が作られるとメラニン色素が沈着した肌細胞は、徐々に肌表面へと浮かび上がってきます。
そして最終的には垢として体の外へと排出されるのです。
シミの原因となっている肌細胞が、皮膚の表面へと上がってくるので途中、シミが濃くなったように感じますが最後には、剥がれ落ちるので安心しましょう。

外用薬を塗るだけの手軽な治療ですが、治療中に守りたい大切な事があります。
それは太陽の光を避ける事です。
治療中は紫外線のダメージを受けやすい状態となっています。
この時、太陽光を浴びてしまうと、いつも以上にシミとなりやすいのです。

ですので、紫外線を避けるというケアが非常に大切となります。
日焼け止めを塗る事も大切ですが、帽子や日傘などで物理的に光を遮る対処も有効です。